車検が切れた場合のリスクとは?

広島市で車検の満了日が近い方もいらっしゃるでしょう。車検が切れている事を知らずに、公道を走ってしまった場合は重い罰則を受けてしまいます。そのため、車にお乗りの方は車検証の有効期間に余裕を持って、車検を依頼する事が大切です。ここでは、車検の有効期間や車検を怠った場合のリスクについてご紹介いたします。

車検の有効期間

車検の有効期間

ご存知のように、軽自動車・普通自動車に関わらず、自動車をお持ちになっている場合は、定期的に車検を受ける必要があります。基本的に新車を購入した場合は、初回は3年後に初めて車検を行い、それ以降は2年ごとに車検を受けるという流れになります。

購入した時期によって、それぞれ車検が切れる時期は異なりますが、車のフロントガラス上部に貼られてあるステッカーをみる事で、いつまで有効なのかを確認する事が可能です。

車検は満了日の1ヶ月以内に受ければ、たとえ満了日まで日数が残っていたとしても、満了日から起算して次の有効期間を伸ばす事ができます。そうなれば、その日数分は得する事になります。したがって、少しでもお得に車検を依頼したい場合は、満了日の1か月以内には実施できるよう、少なくても2ヶ月くらい前から依頼する業者を探しておく事をおすすめします。

車検を行わないとどうなるの?

車検を行わないとどうなるの?

通常、交通違反の種類には軽微な違反に対する反則金と、刑事処分の対象である重度の罰金がありますが、車検切れは罰金の対象となります。

罰金になる程度の違反として同等のものは、飲酒運転や無免許運転などが挙げられます。それくらい悪質なものとして、車検切れは考えられているのです。車検切れになっている車を運転した際の罰則や罰金は以下のようになっています。

車検切れ

6点の違反点数が科され、前歴がない場合でも30日間の免許停止となります。このほかにも、6ヶ月以下の懲役または、30万円以下の罰金が科されます。

自賠責保険切れ

車検切れと同様に6点の違反点数で、前歴がない場合でも1年以下の懲役または、50万円以下の罰金が科されます。

つまり、両方が同時に切れている場合は、12点の違反点数と90日間の免許停止に始まり、1年6ヶ月以下の懲役または、80万円以下の罰金が科されてしまうのです。よって、車をお乗りの方は、車検の満了日をしっかりと確認し、余裕を持って車検を依頼する事が大切です。

広島市で愛車の車検を依頼する際は、広島市の南区にある山本鈑金にお任せください。経験と実績のある職人が、お客様の大切な愛車をしっかりと整備いたします。車検費用の見積もりは無料で受けつけていますので、ご希望の方はまずはお気軽にお問い合わせください。一般のお客様はもちろん、モータース屋さんや板金屋さんからのご依頼もお待ちしています。

広島市で車検を依頼するなら山本鈑金へ

会社名 有限会社 山本鈑金
代表者 山本 五郎
住所 〒732-0802 広島県広島市南区大州3丁目4−33
TEL 082-285-0556
FAX 082-285-0576
URL https://yamamotobankin.net/
メール bp-yama@alpha.ocn.ne.jp
営業時間 8:30~17:30
定休日 日曜・祝日
業務内容 車検整備・鈑金・塗装・販売修理
概要 広島で鈑金・塗装を承る山本鈑金では、キズ・へこみなどの板金塗装をはじめ、様々な車修理・点検・交換を無料見積もりで対応しております。費用を抑えたい方におすすめのリビルド(中古部品)を使っての修理も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
PAGE TOP